クレームをチャンスに

塾講師をしていると、保護者の方から成績があがらない、授業にお子様がついていけない、などのクレームを受けることがあります。 そのときに、どのように保護者の方と接するのか、ということが今後の信頼関係には重要になることが珍しくありません。 一方的にクレームを無視するだけでは、十分に信頼関係を築くことはできないばかりか、非難されることになってしまうことがあります。


実際にクレームを受ける場合には、そのときが塾講師として、保護者と話をする貴重な機会と捉えることが出来ます。 そのときに、誠実に対応すれば、保護者の方もいかにお子様を大切にしてくれるのか、 また対応されるときの人柄なども理解してくれることがあります。


一方的な言い分だけに対して、言い訳をしているだけでは、クレームの対応では十分な誠実さを築くことができませんので、 どのように接するのが良いのか、ということも含めて接客や丁寧な対応、ということを心がけてみてはいかがでしょうか。 塾講師をしていると、保護者との信頼関係やクレームの対応、ということは避けて通られないからこそ、誠実に向き合い、 十分な信頼関係を構築できるように、しっかりとした対応をされるようにすることがポイントです。